基本のエイジングケア知識

エイジングケアって聞くと、なんとなく知っているようなイメージがないですか?

ふんわりと肌をしっかりケアしてあげる事っていうだけで終わっている人もいるかもしれないですね。なので、今日はまず、エイジングケアっていうものについて話そうと思います。

そもそもエイジングケアというのは、エイジング=加齢、ケア=お手入れという意味です。つまりは加齢の原因となる紫外線、乾燥などを予防して、肌のお手入れをしていくことですね。

加齢というと年齢が上の人っていう印象はありますけど、ほとんどは年齢にあったお手入れっていう意味で使われます。ケアをするというのは、化粧品を使用して肌に潤いをキープさせてあげることだけじゃなく、バランスのいい食事、質の高い睡眠をとる、といったことも十分ケアをすることになります。

生活習慣を見直してあげるっていうことも大事というわけですね。

因みにスキんケアは早く始め過ぎても問題はないようです。今は睡眠に関しては浅くなりがちだったり、食事も好きな物ばかり食べてバランスをかんがえていなかったりとかもすると思うので、20代から始めても問題はないわけですもんね。

因みにですけど、エイジングサインは主に40代になってから始まってくるようです。

エイジングサインはシミ、しわ、くすみ、たるみ、ほうれい線が深くなってきたなどの症状の事で、これらが出てきたらエイジングケアのサインだと言われています。

エイジングサインはただの老化だけではなく、見た目の印象も大きく変えてしまいますよね。本当は若いのに実年齢よりも高く見られてしまうとかね。ちなみにエイジングサインに気が付いたら早めに対応してあげて、老化を抑制したいところです。